「キリスト新聞」2018年2月1日号に、住職 池口龍法が連載記事を寄稿いたしました。

「キリスト新聞」【宗教リテラシー向上委員会】2018年2月1日号
“「大きな家族」のぬくもり見直されるべき時代” を寄稿いたしました。

今では「しがらみ」とされる檀家づきあい。しかし、一人暮らしの人が増えるなど、家の意識が希薄になっている今だからこそ、お寺を中心とした「大きな家族」とも言える共同体のぬくもりが、見直されるべきではないだろうか。
龍岸寺住職の池口龍法が、自身の経験を踏まえながらお寺の役割を語ります。

コメント