蘇る木

先月行われた春彼岸法要で数珠造りのワークショップが開かれました。この龍岸寺で昨年行われました晋山式に合わせて山門修復が行われた際に出た、古木を使っての数珠造り。

とても素敵な数珠が出来上がり、ご参加くださったお檀家さんをはじめ皆さん大喜びの時間となりました。

この龍岸寺は400年の歴史があり、もちろん山門も古い歴史があり、使われている材木も大変良いものが使われていると聞きました。そんな山門の古木が、廃材の道には行かず、新たな形に生まれ変わり皆さんの腕に着けられ、喜んでもらえる日が来るとは。とても感動的な話です。

私もこのお寺の歴史の長さを噛みしめながら頂いた数珠を大切にしたいと思いました。

※写真はかなり大きな数珠ですが、腕輪サイズの数珠です。

 

コメント

関連記事

  1. スタート!

  2. 可愛い子どものお経さん

  3. 衣替え

  4. 日向ぼっこ

  5. 南国ムード

  6. 光の力